ホーム>イムズスタッフブログ>修理>N-BOX高速走行時異音
gif-load
修理

N-BOX高速走行時異音

今日は1週間前に新車で納めたN-BOXが高速走行時100㎞/hでジリジリ音がする

という事で異音の修理入庫です。

やはりお客様も新車で購入していきなり変な音がすれば、嫌な気持ちになりますから、

長引かないように急いで原因を究明で早期解決を目指すのであります。

 

まず、異音の確認です。

一般道では再現は出来ませんので、高速道路へ1区間のってみました。

確かに100㎞/hを超えてから運転席ドアガラス付近よりパネルを叩くような音で

「ジィジィジィ~ー」という音が確認できました。

これは非常に気になる音域の異音です。

 

いったいどこから出ているのかドアガラスを押してもドアを引いても音は変わりません。

ガラスの建付け等は関係ないように思いましたが、どこからどうやって出ているのかが

分かりません。

 

サービスエリアに入りガムテープで突起部分を貼り込み、空力がいたずらしてるのかを

確認したりしましたが音が変わる気配さえありません。

 

高速道路をおりて工場へ戻ってきていろんなところを眺めひとつ気になったのが、

ドアミラーの付け根の部分でドアサッシの外側へプラスチックのアウターパネルを見て

どのような取付になっているのだろうと外してみました。

20151020225639.JPG

パネルの裏に2か所の爪があり上下にスライドさせてはめ込み、裏からタッピングスクリュで

止めてありました。

パネルの裏側をみてみると、クッションテープが貼りつけあるのですが、サッシと直に接触している

部分がたくさんあったので、クッションテープで処理してみました。

 

再度いろんな工具と材料をもって高速道路へ試乗に出かけました。

音がピタッと止まったではありませんか!

なにかふぬけな結末でありましたが、異音の修理は結構長引いたりするのですが、

早期に解決してよかったです。

 

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

安心してお乗りくださいませ<(_ _)>

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.car-ims.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21

ページ上部へ